wordpressホームページ活用方法~業種ごとの集客と活用方法~

お店の開店時やオープンから集客をお考えの際、自社ホームページの運営は様々な効果があります。

しかし、一般的にホームページを作れば勝手に集客・売り上げにつながると考えられている方も少なくありません。

業種や提供されるサービス、ターゲットとなるお客様やスタッフによって、求められる情報も全く異なります。

また、訴求すべきポイントや打ち出す内容も異なりますので、ここでは業種ごとのヒントをお伝えさせて頂きます。

 

目的を決める

ホームページ制作の目的

「会社を立ち上げたからホームページを作ろう」

会社の名刺代わりになりますので、最低限必要なものにはなりますが、ただ作るだけでは名刺が存在するだけになりかねません。

何を目的にホームページを作成するかを考える必要があります。

「新しく立ち上げた会社の為」

「採用メディアに頼らずに自社で採用を行いたい」

「製品を直販で販売したい」

「お客様からの質問、商品に関する問い合わせを減らして販売に専念したい」

など、ホームページは様々な面で効果を発揮します。

最初に、制作するにあたって何を目的に作成するのかを明確にしましょう。

集客方法を考える

ホームページとチャネル

webの指標を考える時に

集客(アクセス数) × 転換(成約・コンバージョン) × 頻度(リピート)

この3つの指標を考える必要があります。

作っただけでは、見て頂けません。

どうやって作成したホームページを見て頂いて、どのように制約につなげ、どのようにリピートにつなげるのかなど、全体の戦略や導線をあらかじめ考えておく必要があります。

ゴールを考える

web戦略のゴール

お客様によっては、「問い合わせは煩わしい」と感じられる方もいらっしゃいます。

これは、問い合わせばかりがきて相談室になり、肝心な成約になかなかつながらない場合に多く見られます。

営業マンを多く擁する企業の場合、サイトからの問い合わせよりうまく営業マンにパスする方が重要となります。

ECサイト(ショッピングサイト)の場合は、当然購入に至る仕組みづくりが必要です。

購入の中でも単価の高いものか低いものか。

単発での購入か、定期的に購入いただくのかでもホームページの中身も変わってきます。

ゴールをどこに持っていくのかを明確にし、全体を考える必要があります。

業種ごとのポイント

飲食店のホームページ

一言でホームページといっても、業種や提供サービスによってお客様、ターゲットに求めらる情報は全く異なります。

ここでは、過去のお客様などの事例から各業種で必要とされるホームページやweb戦略の要素をまとめていきます。

飲食業界の集客ヒント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工場・製造業の集客、採用ヒント

HP、web戦略といっても求められる業界やサービスによって打ち出す内容は様々です。

大阪の格安ホームページ制作会社dejaponでは、wordpressを活用して費用を安く抑えてホームページ制作するだけでなく、個々の戦略に合わせてご提案が可能です。

是非一度ご相談ください!

ホームページマーケティング集客カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です