ワードプレスを使った住宅、建築業の集客・採用・戦略

住宅、建築

住宅や建築などのホームページは、共通している点として、お客様が一生をかけて考えられるほど高額な商品を購入されるという点です。

また、注文住宅などの場合購入するまでその商品に関する体感を得ることが無いため、できるだけ住んだあとのことを想像できるような仕組みを作る必要があります。

施工事例の充実

施工事例

注文住宅などの建築関連の場合現段階で商品が無いため、お客様に購入後のことを想像頂く必要があります。

そのためには、施工事例の充実が欠かせません。

ホームページにできるだけ細かく写真と共に過去の実績の掲載を行う必要があります。

ARなどで3D建築事例などを見せる方もいらっしゃいます。

また、お客様の声などと複合的に組み合わせることで、より生活した際のことが想像できるようになり購買決定率が高まります。

リードナーチャリング

リードナーチャリング

リードナーチャリングとは見込み顧客の育成のことをさしています。

住宅の購入となると、高額な商品になるため、お客様との関係性構築が欠かせません。

きっかけとして小さいオファー(プレゼントなど)をお渡しし、そこから来店やメールマガジンの登録などをしていただき、関係性を高めていく必要があります。

住宅購入のタイミングは様々ですが、高額であればあるほどじっくり慎重に考えるお客様も多いため、いざ購入となった際に候補に挙がっておくための施策が必要です。

ターゲティング広告

ターゲティング広告

過去のお客様を遡ってデータを分析すると、特定のイベント時に購入検討されるお客様に偏っている場合があります。

例えば、出産や結婚などです。

子供が生まれて、そろそろ狭くなるかもしれないという理由から引っ越しや住宅の購入に至るケースがあります。

購入タイミングの際に、お客様に検討している会社の一社としてあがる方法の一つとしてターゲティング広告があります。

これは、フェイスブック広告などの広告の場合、男女や年齢層だけでなく子供が生まれる、結婚などのイベントが発生した方に対して広告を打ち出す施策になります。

これを使えば、お客様が欲しいと思ったタイミングで御社がアプローチできるかもしれません。

ターゲティング広告に関しましては、お問合せからご相談ください。

ホームページマーケティング集客カテゴリーの記事